本文へスキップ

株式会社温泉宅配便は国民の健康増進と地域貢献をモットーとする温泉輸送会社です。

TEL. 028-670-6900

〒321-3232 栃木県宇都宮市氷室町1785-11

温泉についてどれだけ知っていますか?NEWS&FAQ

    

温泉の定義
温泉とは、地中から湧出する温水、鉱水、水蒸気、その他ガスで(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)
   ●摂氏25度以上であること    ●規定の物質を1種類含んでいること
この2つのうちいずれかの基準を満たしていれば温泉に該当します。
また、この中で特に治療の目的に利用されるものを療養泉といいます。
~温泉法より~昭和23年に制定されわが国の温泉が規定されています。

    

温泉Q&A

Q熱い温泉で汗をかけばカロリーを消費できますか?     Aできます
 高温浴は交感神経を興奮させ身体を活動的にさせるため、エネルギー消費量は増加します。
例えば42℃のお湯に20分浸かると約220キロカロリー、40℃で110キロカロリー、39℃で50キロカロリー
36℃以下ではエネルギー消費は起きません。
※注 高温浴では血管が収縮し急激に血圧が上がります。入浴で血液中の水分が汗となって出てしまうとドロドロになり
濃い血液は血管を流れにくくなります。高血圧症、動脈硬化症、血栓症疾患、高齢者の方の高温浴は大変危険です。
血栓を予防するためコップ1杯の水を飲みましょう。

Q入浴剤を入れれば温泉に入るのと同じですか?       A違います
 市販の入浴剤1回分30g程度、これを200ℓの浴槽に溶かしたとします。お湯1ℓ中に溶ける化学成分量は150ml
温泉法で定められている温泉は、水1ℓ中に成分が1000ml以上溶けているものでなければ温泉とはいわないので、200ℓ
の浴槽に入れる温泉規定量を満たす入浴剤の量は200g、最低約7袋を1回に入れるということになります。
ちなみに幅4m、深さ1m、奥行き2.5mの浴槽を満たす水量は10トン、その中に溶けている成分総量は10kgになります。
温泉に溶存している成分は大変な量なのです。                 (静岡県温泉協会 温泉しずおかより抜粋)



入浴前のチェック

その1 一般的禁忌症
 急性疾患、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、妊娠中
特に初期と末期病勢進行中の疾患の方は入浴を控えること。

その2 泉質別禁忌症
 浴用では・・・皮膚粘膜の過敏な方、特に光線過敏症の方は硫黄泉・酸性泉にご注意下さい。
 飲用では・・・下痢の時は硫酸塩線・二酸化炭素線・硫黄泉にご注意下さい。
        高血圧症、肝臓病、むくみの時は塩化物線・ナトリウム炭酸水素・ナトリウム硫酸塩線にご注        意ください。

その3 温泉源の保護と適正な利用
 温泉には、雨がマグマによってその成分を含む温水となり地表に湧出する(火山性)と、地熱によって
温められた温水(非火山性)があり、今地表に降った雨が再び温泉となって現れるまでに約20年から50年
長くて100年という長い年月が必要なのです。汲み上げすぎるとどうなるか考えてみましょう。

その4 レジオネラ対策
 レジオネラ属菌で起こる感染症を防止するため、入浴施設の衛生管理はもとより、高齢の方の入浴や
体調の悪い時の入浴には特に注意が必要です。
 また、入浴者に対する注意としても、身体をよく洗ってから入浴することをお願いします。外界と接している
露天風呂は、レジオネラ属菌が繁殖する機会が多いので洗い場がない場合もあります。内風呂や露天風呂どちらにしても、まず身体をよく洗ってからの入浴が汚染防止になります


バナースペース

株式会社温泉宅配便

〒321-3232
栃木県宇都宮市氷室町1785-11

TEL 028-670-6900
FAX 028-305-1169